SSブログ

『幻想と怪奇12 イギリス女性作家怪談集』ほか

◎『幻想と怪奇12 イギリス女性作家怪談集』新紀元社(22)
◎監修:紀田順一郎・荒俣宏/編:牧原勝志『新編 怪奇幻想の文学2 吸血鬼』新紀元社(22)
◎ロバート・E・ハワード『愛蔵版 英雄コナン全集2 征服篇』新紀元社(22)
 以上3冊、版元よりお送りいただきました。まだぱらぱらっと眺めただけですが、厚さ、そして内容の濃さに圧倒されています。
 ありがとうございました!
幻想と怪奇⑫.jpg 新編怪奇幻想の文学2.jpg 英雄コナン全集2.jpg
 それにしても新紀元社さん、すごいなあ。
コメント(0) 

通販再開

 拙著5冊ですが、本日19時より書肆盛林堂サイトにて通販が再開されます。
 どうぞよろしくお願いいたします。
新刊5冊.png

【追記】
 販売が始まりました。販売ページはこちらです。
コメント(0) 

『夢の砦 二人でつくった雑誌「話の特集」』

◎矢崎泰久・和田誠『夢の砦 二人でつくった雑誌「話の特集」』ハモニカブックス(22)
 雑誌「話の特集」の特集本。友人がプレゼントしてくれました。
 ショートショートの復刻ページもあり、かの名作「おさる日記」も!
 これはありがたいです。感謝。
夢の砦 二人でつくった雑誌「話の特集」.jpg
 以下、「話の特集」のショートショート特集号です。
話の特集1967・6月号.jpg 話の特集1969年6月号.jpg 話の特集1970年6月号.jpg 話の特集1971年7月号.jpg
コメント(0) 

DVD『孤島の鬼』

 先日、数十年ぶりに江戸川乱歩『孤島の鬼』を再読しました(→この記事)。これがまあ、残っている印象を遙かに超える怪作でして……。
 その『孤島の鬼』の舞台公演(2015年)を収録したDVDです。あれをいったいどのように……?
 興味津々、買ってしまいました。近いうちに観ます。
孤島の鬼.jpg
コメント(1) 

「翻訳編吟」11号

「翻訳編吟」11号(22)を発行者さまが送ってくださいました。ありがとうございます。
 この号にもストックトンの作品が掲載されています。嬉しい!!
翻訳編吟11号.jpg
コメント(0) 

コンビニコミックの日野日出志

 コンビニコミックの日野日出志を3冊購入。
日野日出志の魔鬼子.jpg 日野日出志の毒虫小僧.jpg 日野日出志のGO HOME.jpg
 こうなりました。
日野日出志.jpg

コメント(2) 

『夢の魔女・黒い小屋』ほか

◎ウィルキィ・コリンズ『夢の魔女・黒い小屋』英宝社・英米名作ライブラリー(56)
 6編収録。
◎ジョン・ゴールズワージィ『サンタルチア・踊ってみせて』英宝社・英米名作ライブラリー(57)
 11編収録。
◎コールドウェル『苺つみの季節・馬盗人』英宝社・英米名作ライブラリー(57)
 16編収録。
夢の魔女・黒い小屋.jpg サンタルチア・踊ってみせて.jpg 苺つみの季節・馬盗人.jpg
 英宝社の〈英米名作ライブラリー〉、これで11冊になりました。
コメント(0) 

TVドラマ『快傑ハリマオ ソロ河の逆襲篇』

 なんだか古いTVドラマが観たくなり、買っただけで観てないDVDのなかから『快傑ハリマオ ソロ河の逆襲篇』を観ることにしました。『快傑ハリマオ』は1960年4月5日~1961年6月27日の放送。5部作、全65回。「ソロ河の逆襲篇」はその第二部です。
 この番組、残念ながらリアルタイムで観た記憶はありませんが、ソフト化されているので、容易に観ることができます。第一部「魔の城篇」は以前に観たことがあり、けっこう楽しかったです。
 では、スタートします。
快傑ハリマオ ソロ河の逆襲篇.JPG
コメント(1) 

在庫情報

 私家版作品集5冊の版元(つまり自宅)在庫状況です。
『続・神々のビリヤード』は在庫なし。『暗闇エレジー』は6冊、ほかの3冊は10数冊です。
 盛林堂さんでは近いうちに5冊全部の通販が再開される予定です。『続・神々のビリヤード』は盛林堂さんへの追加納品分が売れましたら、完売となります。
 お買い求めくださった皆さんのお陰です。ありがとうございます。
新刊5冊.png
コメント(0) 

「日本児童文学」続

 承前。
◎「日本児童文学」2010年1・2月号
「創作特集:こどものじかん・大人の時間」とありますが、その実体はショートショート特集です。
 これで「日本児童文学」のショートショート特集号は(私の知る限り、ではありますけれど)揃いました。
日本児童文学2010年1・2月号.jpg
コメント(0) 

『孤島の鬼』

 1年半前、江戸川亂歩再劂版 孤島の鬼』我刊我書房(21)を版元よりお送りいただきました。読もうかなと思ったものの、なかなか着手できず……。
 1か月前、Kindle『江戸川乱歩作品集』を買い、先日、〈少年探偵団〉シリーズを制覇しました。
 この電子書籍には『孤島の鬼』も収録されています。『再劂版 孤島の鬼』とはバージョン違いだけれど、就寝前の布団内読書なら……。
 昨夜読了。
 いやあ、やはりすさまじいです。
 私が一番好きな乱歩の長編は『パノラマ島奇談』ですが、これは読んだ時期というのが大きく作用していると思います。今年9月、久しぶりに『パノラマ島奇談』を再読(→この記事)。そして、『孤島の鬼』も久しぶりに再読。いま、客観的に見ますと、『孤島の鬼』のほうが上ですね。ほんとにすさまじい。
 乱歩を堪能しました。
 さて、次は……?
コメント(2) 

「日本児童文学」

◎「日本児童文学」1990年3月号
◎「日本児童文学」1992年6月号
 いずれも「特集 掌編児童文学」です。
 先日入手した「虹の図書室」通巻26号(09)で存在を知り、ネット検索したら売っていましたので、注文しました。「日本児童文学」には3冊のショートショート特集号があるようで、もう1冊も注文したのですが、それはまだ届いていません。
日本児童文学1990年3月号.jpg 日本児童文学1992年6月号.jpg
 いやそれにしても、3日前に存在を知り、欲しいなと思った30年も前の雑誌が今日は手許にあるという……便利な時代になりました。

【追記】11月26日
 3冊目が届きました(→この記事)。
日本児童文学2010年1・2月号.jpg
コメント(0) 

『ふざけた天使の辞典』ほか

◎Syuugoro『ふざけた天使の辞典』HK INTERNATIONAL VISION(09)
 Syuugoro『まじめな悪魔の辞典』HK INTERNATIONAL VISION(09)の姉妹編。
◎山口謡司『ん 日本語最後の謎に挑む』新潮新書(10)
 以前に買い、読んだような気もするのですが……。
ふざけた天使の事典.jpg まじめな悪魔の辞典.jpg ん 日本語最後の謎に挑む.jpg
コメント(0) 

乾杯

 盛林堂さんに委託した拙著5冊が早々に売り切れ、とても嬉しいです(→この記事参照)。
 にこにこしていると、友人からのお祝いが届きました。嬉しさ5割増しです。ありがとうございます。
 さっそく――
 かんぱ~~~い。
お祝い.JPG
 盛林堂さんでの通販は追加納品することになりました。細かいことが決まりましたら、またご報告します。お待ちくださいませ。
コメント(2) 

『二名一人ミニ美術展図録』

◎天瀬裕康=渡辺晋『二名一人ミニ美術展図録』短詩型SFの会(22)
 天瀬裕康さんよりお送りいただきました。いつもありがとうございます。
 天瀬さん(=渡辺晋さん)の画集です。いやあ、天瀬さん、本当に多才ですねえ。感心してしまいます。それに、馬力も尋常ではありません。
 え~~と。1931年11月生まれということは……91歳!!!!
二名一人ミニ美術展図録.jpg
コメント(0) 

売り切れ御礼

 昨夜、盛林堂さんで販売開始となった拙著5冊ですが、起床したら完売していました。どうやら昨日のうちに売り切れたようです。1冊あたりはさほど多くないのですが、×5ですから総数はけっこうな数になります。
 買ってくださった皆さま、ありがとうございました。楽しんでいただけましたら、本当に嬉しいです。
 追加納品するかは、盛林堂さんと相談して決めます。決まりましたらアナウンスいたします。
売り切れ.png
コメント(3) 

販売開始間近

 拙著5冊、盛林堂さんのカートに登録されました。→ここ
 本日19時に販売開始です。初回納品分にはサインを入れました。
 どうぞよろしくお願いいたします。
新刊5冊.png
 画像クリックで拡大表示されます。
コメント(0) 

「虹の図書室」通巻26号

 北原尚彦さん「こんなの買ったけど、いります?」
 私「欲しい欲しい」
 ということで――
◎「中国の子どもの本―作品と情報― 虹の図書室」通巻26号(09)
 特集:児童文学のショートショート。中国のショートショートだけではなく、中尾明「日本児童文学のショートショート事情」なんて寄稿もあり、これは貴重な資料です。
 北原さん、ありがとうございました。
虹の図書室・26号.jpg
コメント(0) 

『暗闇エレジー』にミスが……

 もうすぐ発売、拙著『暗闇エレジー』に重大なミスがありました。
 巻末の「初出&再録一覧」266ページに「好みのタイプ」という作品が本書に収録されているがごとく書かれていますが、この作品、本書には収録されていません。収録する予定で進めていたのに削ることに決定。しかし、それを「初出&再録一覧」に反映するのを忘れていたのでしょう。
 目次には載っていませんし、気がつかない人のほうが多いでしょうけれど、してはならないミスです。申しわけありません。
コメント(0) 

『猿の手』

 W・W・ジェイコブズ『猿の手 ジェイコブズ怪奇幻想作品集』綺想社(22)を版元よりお送りいただきました。いつもありがとうございます。
 ブログでもちょくちょく書いていますように、私は「猿の手」が大好きです。ジェイコブズの作品集、出ないかなあと思っていました。それが現実となり、夢見心地です。
 この本には21編収録。ざっと目次を眺めた限りですが、ショートショート集と言えそうで、喜び倍増です。
 通販はこちらで。
猿の手.jpg
コメント(0) 

発送状況

 私家版作品集の発送状況をお知らせします。
 個人宛(直販&献本)のうち、半分くらいは発送し終えました(プラス・アルファとか単品とか、宛名入りサイン希望とか、ややこしいものを優先)。夕方の集荷前にポスト投函しましたので、本日の受付となります。残りは明日発送するつもりです。数日中に配達されることでしょう。
 とあるグループからのまとめ注文は明日、郵便局から出します。ゆうパックですから、明後日には届きます。(サインを頼まれていますが、まだ書いてない。チューハイ飲んでるので、もう書けない)
 通販をお願いしている盛林堂さんへは明後日(火曜日)発送予定です。初回納品分には全冊にサインを入れますが、まだ5分の1しか終わっていません。
 そんなこんなで、早い方には明日にも届くかもしれません。
 楽しんでくれると嬉しいのですが……。
コメント(2) 

スキャン画像

 私家版作品集、完成品のスキャン画像です。
木造アパート・アドベンチャー.jpg クローン・クローン.jpg 暗闇エレジー.jpg 続・神々のビリヤード.jpg ある蘇生師の一日.jpg
『木造アパート・アドベンチャー』は、試作品よりも印刷が濃いです。この中間くらいがいいなあと思います。
木造アパート・アドベンチャー(試作品&完成品).jpg
コメント(0) 

座右の本箱

 既報の通り、ネオ・ベムの新刊5冊が昨日、できあがりました。座右の本箱に収めて、パチリ。
ネオ・ベム文庫判.JPG
 ネオ・ベムでは、小説集は文庫判で、それ以外はB6判で発行してきました。
 今回の5冊は小説集ですから、これまでを踏襲して文庫判で出しましたが、今後も文庫判で出すのは厳しいかもしれません。印刷・製本費用の高騰ぶりが半端ではないんですよね。ほんと、それを痛感しました。
 私が使っている印刷所では、文庫判とB6判はページ数が同じならば製作費用は同じです。同じ内容でしたら、B6判のほうがページ数が少なくなり、費用が安くなります。結果、販売価格が下がります。
 とりあえず様子見しますが……。

 もう少ししたらサイン入れ作業開始です。
コメント(0) 

私家版作品集、完成

 私家版作品集5冊、完成しました。
私家版5冊・背.JPG
 サイン入れ&発送作業は明日から。
 何はともあれ、今夜は祝杯です。

 私が住所を存じている方には直販も承ります。明日中にご連絡いただければ、月曜には発送できるかと。サインご希望の方は、その旨も書き添えてください(宛名の有無も)。
 よろしくお願いいたします。
新刊5冊・告知用画像.png
コメント(4) 

「宇宙気流」95号

「宇宙気流」95号が届きました。いや実に久しぶりです。
 特集はKYUCON(第8回日本SF大会)で、貴重な写真が満載! ほかにも横田順彌初期作品集(5回目)とか、楽しさが溢れています。
 これからしばらくは私家版作品集の発送作業に忙殺されますので、それが一段落してから、ゆっくりと楽しませてもらいます。
宇宙気流95号.jpg
コメント(0) 

『図鑑少年』ほか

◎豊田有恒『サイコキネシス大戦争PART1』角川文庫(88)
 角川文庫の豊田有恒、完集です!(嬉)
◎大矢博子『読み出したら止まらない! 女子ミステリー マストリード100』日経文芸文庫(15)
 面白そうだったので購入。
◎大竹昭子『図鑑少年』小学館(99)
 よくわかりませんが、帯に――
>予期せぬめぐり会いに始まる24の物語
 これは買います。
サイコキネシス大戦争PART1.jpg 女子ミステリーマストリード100.jpg 図鑑少年.jpg
 以下は角川文庫の豊田有恒です。
角川文庫・豊田有恒.png
コメント(0) 

発送連絡

 私家版作品集5冊の発送連絡がありました。(以下、画像クリックで拡大表示)
新刊5冊・告知用画像.png
 受け取りましたら、盛林堂さんで販売していただく分には全冊にサインを入れます(初回納品特典です)。直販分ほか、こちらは希望を伺っている方の分にはサインを入れます。なるべく早く発送したいと思っていますが、けっこうな数ですから、少々お時間をいただきます。
 いましばらくお待ちくださいませ。
コメント(2) 

『SF黎明期 未踏の時代を歩く』

『SF黎明期 未踏の時代を歩く』BOOK&MAGAZINE社(22)を買いました。
 扉をめくると、いきなり目に飛びこんでくるのは「中学生」連載の「火星の神神」の画像です(バローズ『火星の女神イサス』の本邦初訳。この記事参照)。次のページには日本版「アメージング・ストーリーズ」の書影がずらずら。さらに次のページには「星雲」「宇宙塵」「NULL」各創刊号の書影……。とまあ、そんな感じで、心浮き立つ画像が次から次へと出てきます。貴重な少年マンガ誌のSF関連特集ページの紹介もどっさり。これはもう、めちゃくちゃ楽しいです。
 古くからのSFファンの方々にお薦めします。
SF黎明期 未踏の時代を歩く.jpg
 通販はこちらこちらで。

【追記】11月19日
 こちらでも通販をしていることに気がつきました。送料無料ですか。あー、ここで買えばよかったです。
コメント(0) 

『健さんのミステリアス・イベント体験記』

 松坂健『健さんのミステリアス・イベント体験記』盛林堂ミステリアス文庫(22)を版元よりお送りいただきました。いつもありがとうございます。
 日本推理作家協会の会報に、10年あまりにわたって連載されたエッセイをまとめたものです。全94回+α。500ページ近い大著です。
 会報連載時、私は毎回楽しく読んでいました。それが1冊にまとまるのは本当に嬉しく、ありがたいことです。
 松坂さんと初めてお会いしたのは、第80回「筒井康隆展」の会場です(→この記事参照)。その後、いくらでも会う機会はあると思っていたのですが、結局、松坂さんと会うのはこれが最初で最後となってしまいました。挨拶程度しかできなかったのが残念でなりません。
 また、最終回となった第94回「江戸川乱歩旧居跡記念碑建立」を会報で読んだとき、「あ、松坂さん、名古屋に来られたのか。ご連絡いただければ駆けつけたのに」と思ったことを思い出しました。それから1年も経たずに亡くなられたわけで、本当に残念です。(記念碑についてはこの記事に)
 この本、松坂さんに思いを馳せながら、じっくりと読もうと思います。
健さんのミステリアス・イベント体験記.jpg
 通販はこちらへ。
コメント(0) 

『恨み忘れじ』ほか

◎松村比呂美『恨み忘れじ』角川ホラー文庫(09)
 今年5月、『恐怖! サイコサスペンス劇場』秋田書店(11)を読みました。松村比呂美のコミカライズも2編収録。これが面白くて、小説も読みたいと思ったのでした(→当該記事のコメント欄参照)。
『恨み忘れじ』には6編収録。『恐怖! サイコサスペンス劇場』でコミカライズされている2編の原作も収録されています。
◎美内すずえ『人形の墓~美内すずえ作品集~』角川ホラー文庫(94)
 角川ホラー文庫のコミック、あとはジョージ秋山『灰になる少年』、ささやななえこ『ミノタウルス』を買いたいと思っています。
◎クラフト・エヴィング商會『すぐそこの遠い場所』ちくま文庫(04)
 クラフト・エヴィング商會の本、見かけると買うことが多いです。
恨み忘れじ.jpg 人形の墓.jpg すぐそこの遠い場所.jpg
◎アルベルト・マングェル&ジアンニ・グアダルーピ『世界文学にみる 架空地名事典』講談社(84)
 タイトル通りの本です。楽しそう。
◎マロ・原作/田中史子・文/日本アニメ企画・画『家なき子レミ』ポプラ社・テレビドラマシリーズ(96)
 TVアニメ・世界名作劇場『家なき子レミ』のノベライズです。すなわち、レミが女の子。
架空地名大事典.jpg 家なき子レミ.jpg
コメント(0)