SSブログ
2024年03月| 2024年04月 |- ブログトップ
前の30件 | -

映画『X エックス』


 映画『X エックス』(2022年)を観ました。
 ポルノ映画の撮影のため田舎に出向いた6人グループ。老夫婦の敷地内の家を借り、撮影を始めます。前半は、ただ老夫婦が不気味なだけで、なんということもなく進みますが……。
 この老夫婦、頭のおかしな殺人鬼でした。後半、その本性を現すや、それまでの静かな雰囲気どこへやら、えげつない殺戮シーンの連続! ほんと、容赦ないんですよ。そして、これまた容赦ないラスト!
 後半――本性を現してからはめちゃ楽しかったですけれど、前半はいまひとつでしたね。チェックしてみますと、105分の映画で、最初の殺人が起こるのは59分。もうちょっと「始まる」のが早ければ……。
コメント(0) 

映画『千年愛―クミホ―』

 映画『千年愛―クミホ―』(1994年)を観ました。昨年10月に見た韓国ドラマ『九尾狐<クミホ>~不滅の愛~と同じく九尾狐伝説に材をとった作品。ドラマの九尾狐(クミホ)は男性でしたが、映画では女性です。
 人間の男を愛してしまったクミホ。その男の精気を吸い取らないと人間になれない。しかし吸い取ると、その男は死ぬ。
 男もクミホを愛している。女の正体がクミホと知ってからも愛は変わらない。
 その結末は……?
 面白かったです。 
千年愛―クミホ―.jpg
千年愛―クミホ―(あらすじ).jpg
コメント(0) 

『ガラクタの世紀』

◎いしいひさいち『ガラクタの世紀』(笑)いしい商店(発行日不記載)
 私家版のマンガ集。山本孝一さんがプレゼントしてくれました。先日お送りした小島功『仙人部落(2) 付/コント・ア・ラ・モード』大和書房(65)のお礼ということだろうと思います(→この記事参照)。不要となったカバー欠本を差し上げた(というか、勝手に送りつけた)だけなのに、申しわけない限りです。
 固辞すべきかもしれませんが、こういうことに関しては私、至って図々しくできておりまして、申しわけないとは思いつつも、遠慮なくいただきます。
 ありがとうございました。楽しませていただきま~す。
ガラクタの世紀.jpg
コメント(2) 

『恋しくて』

◎村上春樹編訳『恋しくて Ten Selected Love Stories』中公文庫(16)
 10編収録のアンソロジー。村上春樹の書き下ろし短編「恋するザムザ」が気になっていました。
>目を覚ましたとき、自分がベッドの上でグレゴール・ザムザに変身していることを彼は発見した。
 あはは。好きです。
恋しくて(中公文庫).jpg
コメント(0) 

映画『ブリタニア・ホスピタル』

ブリタニア・ホスピタル(惹句).jpg
 映画『ブリタニア・ホスピタル』(1982年)を観ました。
 私の最大の目的はスプラッター(血しぶき)シーンでしたが、血しぶきが飛ぶのは90分くらいからの数分のみ。大きく期待外れでした。
 もうひとつの売り――コメディの部分もいまひとつ私のツボから外れていて、あまり楽しめませんでした。感覚が合う人には面白いのではないかと思いますけれど、残念ながら私には……。
ブリタニア・ホスピタル.jpg
ブリタニア・ホスピタル(あらすじ).jpg
   ↑    ↑    ↑
 画像クリックで拡大表示されます。
コメント(0) 

『さよならの儀式』ほか

◎宮部みゆき『さよならの儀式』河出文庫(22)
 SF短編集。8編収録。
◎岸本佐知子編『変愛小説集 日本作家編』講談社文庫(18)
 講談社(14)の文庫化。元版より木下古栗「天使たちの野合」をカット。『変愛小説集』シリーズについてはこの記事を参照。
さよならの儀式.jpg 変愛小説集 日本作家編(講談社文庫).jpg 変愛小説集 日本作家編.jpg
◎丸谷才一・井上ひさし選『星のパロディ大全集』朝日文庫(84)
 ぱらぱらっと眺めたら、『なんとなく、クリスタル』の筒井康隆風パロディ「クリスタルの沙汰も金次第」なんてのが目に飛びこんできて、おっほっほ、と購入決定。
◎福永武彦『完全犯罪 加田伶太郎全集』創元推理文庫(18)
『加田伶太郎全集』新潮文庫(75)の再刊。
星のパロディ大全集.jpg 完全犯罪 加田怜太郎全集(創元推理文庫).jpg 加田怜太郎全集(新潮文庫).jpg
◎楓林(ふうりん)『あ うん』東京図書出版(16)
 11編収録の童話集。
あ うん.jpg
コメント(0) 

電子書籍17冊、配信スタート

 私の小説が初めて世に出たのは、1974年5月でした。筒井康隆さん主宰のSF同人誌「NULL」2号(1974年5月31日発行)に掲載されたショートショート「森―何となくWAPテーマ的な…―」です(眉村卓さん選)。あれから半世紀――50年が経とうとしています。
 それを記念して、というわけでもないのですが、拙著17冊(!)がアドレナライズにて電子書籍になりました。現在はKindleのみの配信ですが、徐々に他ストアでも配信が始まるとのことです。
 アマゾン・Kindleストアで「高井信」検索していただければヒットします。
 どうぞよろしくお願いいたします。

 以下、個別の販売ページをご案内します。
『うるさい宇宙船』
https://www.amazon.co.jp/dp/B0D219YCR3/
『超能力パニック』
https://www.amazon.co.jp/dp/B0D1ZZYS6R/
『名古屋の逆襲』
https://www.amazon.co.jp/dp/B0D22JF5RS/
『スプラッタ・ラブ』
https://www.amazon.co.jp/dp/B0D21MHZGF/
『夢中の人生』
https://www.amazon.co.jp/dp/B0D219WX42/
『インプリンティングの妙薬』
https://www.amazon.co.jp/dp/B0D219FR2G/
『怪覆面マスクド・メロン』
https://www.amazon.co.jp/dp/B0D21KJP1S/
『恍惚エスパー』
https://www.amazon.co.jp/dp/B0D21V28ML/
『幸運ホテル』
https://www.amazon.co.jp/dp/B0D22H4GYY/
『神々のビリヤード』
https://www.amazon.co.jp/dp/B0D22B2J5T/
『続・神々のビリヤード』
https://www.amazon.co.jp/dp/B0D21QG42Z/
『暗闇エレジー』
https://www.amazon.co.jp/dp/B0D21CX8QV/
『クローン・クローン』
https://www.amazon.co.jp/dp/B0D221R7GD/
『木造アパート・アドベンチャー』
https://www.amazon.co.jp/dp/B0D229HQHD/
『ダモクレス幻想』
https://www.amazon.co.jp/dp/B0D21MB3TG/
『見知らぬ知人』
https://www.amazon.co.jp/dp/B0D229M6T6/
『ショートショートで日本語をあそぼう』
https://www.amazon.co.jp/dp/B0D216RFXQ/
 以上です。
コメント(1) 

『細野晴臣 夢十夜』ほか

◎朝吹真理子/リリー・フランキー/塙宣之(ナイツ)細野晴臣 夢十夜』KADOKAWA(22)
「夢十夜」に惹かれて、手に取りました。細野晴臣の見た夢を3人の著者が小説化したもののようです。各編は短く、おお、ショートショート!(嬉)
◎V・S・ラマチャンドラン/サンドラ・ブレイクスリー『脳のなかの幽霊』角川文庫(11)
 タイトルに惹かれて表4を見ると――
>切断された手足がまだあると感じるスポーツ選手、自分の体の一部を他人のものだと主張する患者、両親を本人と認めず偽者だと主張する青年など、著者が出会った様々な患者の奇妙な症状を手掛かりに、(以下略)
 おお、面白そう。
 さらに目次を見ると――
>第五章 ジェームズ・サーバーの秘密の生活
 購入決定です。
細野晴臣 夢十夜.jpg 脳のなかの幽霊.jpg
コメント(0) 

映画『ホビット 決戦のゆくえ』

 映画『ホビット 決戦のゆくえ』(2014年)を観ました。『ホビット』三部作の最終作です。
 面白いんですが、3作計475分というのは、やはり長すぎますねえ。『ロード・オブ・ザ・リング』三部作は計558分で、それと比べたら短いけれど、ここまで長いと誤差の内です。還暦もとっくに過ぎ去り、めっきり根気がなくなってしまった私。2時間超えると苦行になってしまいます。といって、映画はできれば(2日に分けたりせず)最後まで一気に観たいし……。
 困ったものです。
ホビット 決戦のゆくえ.jpg
ホビット 決戦のゆくえ(あらすじ).jpg
    ↑   ↑   ↑
 画像クリックで拡大表示されます。
コメント(0) 

『電話をしてるふり』

◎バイク川崎バイク『電話をしてるふり BKBショートショート小説集』文春文庫(23)
 ヨシモトブックス(20)の文庫化。重要な本以外は再刊本まで揃えるのはやめようと思いつつ、なかなか踏ん切れないです。
電話をしてるふり(文春文庫).jpg 電話をしてるふり.jpg
コメント(0) 

映画『ホビット 竜に奪われた王国』

 映画『ホビット 竜に奪われた王国』(2013年)を観ました。『ホビット』三部作の2作目です。
 面白いんですが、161分は長いなあ。
ホビット 竜に奪われた王国.jpg
ホビット 竜に奪われた王国(あらすじ).jpg
   ↑    ↑    ↑
 画像クリックで拡大表示されます。
コメント(0) 

『伊藤潤二大研究 増補新版』

◎『伊藤潤二大研究 増補新版』朝日新聞出版(24)
『伊藤潤二研究 ホラーの深淵から朝日新聞出版(17)の増補版。高校生のときに書き、〈星新一ショートショート・コンテスト〉に応募した「銀色の雨」も収録されています。
伊藤潤二大研究.jpg
コメント(1) 

『てのひら怪談』

 朝宮運河編『てのひら怪談 ずっとトモダチ』ポプラキミノベル(23)を買いました。『てのひら怪談 こっちへおいで』ポプラキミノベル(22)、『てのひら怪談 見てはいけない』ポプラキミノベル(23)に続くシリーズ3冊目です。
てのひら怪談 ずっとトモダチ.jpg てのひら怪談 こっちへおいで.jpg てのひら怪談 見てはいけない.jpg
 うちの『てのひら怪談』、こうなりました。
てのひら怪談(全).JPG

【追記】
 この3冊、忘れていました。
てのひら怪談(ポプラ社).JPG
コメント(0) 

映画『ホビット 思いがけない冒険』

 昨秋、映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作を観ました(→この記事ほか参照)。
 今夜から『ホビット』三部作を観ることにしました。原作『ホビットの冒険』を読んだのは高校生のときです。めちゃ面白かったですねえ。正直なところ、私は『指輪物語』よりも『ホビットの冒険』のほうが好きです。
 ということで、今夜は第1作『ホビット 思いがけない冒険』(2012年)を観ました。
 面白い。面白いんですが、170分は長いなあ。
ホビット 思いがけない冒険.jpg
ホビット 思いがけない冒険(あらすじ).jpg
   ↑    ↑    ↑
 画像クリックで拡大表示されます。
コメント(0) 

『残酷な方程式』

 ロバート・シェクリー『残酷な方程式』創元推理文庫(85)の復刊版(創元SF文庫/2023年9月22日 6刷)を買いました。内容は全く同じで改版されているわけでもありませんし、読む気もないのですが……。
残酷な方程式.jpg 残酷な方程式(異装版).jpg
 ちなみに、初版は360円、復刊版は1040円(税別)です。3倍以上……。
コメント(0) 

『目的をもたない意志』ほか

◎パオロ・マッツァリーノ『「昔はよかった」病』新潮新書(15)
◎春日武彦『恐怖の正体 トラウマ・恐怖症からホラーまで』中公新書(23)
◎鮫肌文殊・山名宏和『だから直接聞いてみた 教えて広報さん』宝島社(08)
「昔はよかった」病.jpg 恐怖の正体.jpg だから直接聞いてみた 教えて広報さん.jpg
◎山川方夫『目的を持たない意志 山川方夫エッセイ集』清流出版(11)
◎山川桃河『5分後に心揺さぶるストーリー 美しく恐い、優しく哀しいアンソロジー』文芸社(23)
目的をもたない意志.jpg 5分後に心揺さぶる物語.jpg
コメント(0) 

『暗殺者の谷』『毒死』

 綺想社さまより新刊2冊をお送りいただきました。いつもありがとうございます。
◎エドモンド・ハミルトン『暗殺者の谷』綺想社(24)
 綺想社のハミルトン作品集、3冊目です。今回は4編収録。通販はこちらです。
◎ファンズワース・ライト『毒死』綺想社(24)
「ウィアード・テールズ」編集長の作品集。短編7本と詩篇を収録。通販はこちらです。
暗殺者の谷.jpg 毒死.jpg
コメント(2) 

『きまぐれ未来寄席』

 江坂遊さんより新刊『きまぐれ未来寄席』Gakken(24)をお送りいただきました。いつもありがとうございます。
 ショートショート24編収録。新作集かと思ったら、おや、「とっかえべえ」「無用の店」や「花火」など、見覚えのあるタイトルも……。これまでの傑作集なのでしょうか。それとも、新旧混淆作品集?
きまぐれ未来寄席.jpg
コメント(0) 

ファフロツキーズ?

 自転車で走っていたら、前カゴに何かが落ちてきました。見ると――え? ミドリガメ?
 カゴの隙間から落ちてしまったので、自転車を停めて観察。はい、ミドリガメと思われます。死んでいるらしく、全く動きません。引っくり返しても同様です。
 空から降ってきた? ファフロツキーズ?
 フシギです。
ミドリガメ-01.JPG
ミドリガメ-02.JPG
コメント(0) 

映画『恐怖のレストラン』


 映画『恐怖のレストラン』(1973年)を観ました。おととい観た『ブレーキ・ダウン』(1997年)の元ネタと言われている作品です。リチャード・マシスンの原作・脚本。
『ブレーキ・ダウン』では妻が行方不明になりましたが、『恐怖のレストラン』では夫が行方不明になります。
 あー、なるほど。元ネタと言われるのもわかりますね。妻(女性)が主人公ゆえかアクション要素は少ないですが、こちらも面白かったです。
コメント(0) 

『タイガーブックス』

◎手塚治虫『タイガーブックス(全8冊)』講談社・手塚治虫漫画全集(78~84)
『ライオンブックス(全7冊)』は所有していますが、『タイガーブックス』は未所有・未読でした。
 ぱらぱらっと目次を見たところ、ほかの本で読んだことのある作品もけっこうあるみたいです。
タイガーブックス.jpg ライオンブックス.jpg
コメント(0) 

『仙人部落(2)』『忍術くらま峠』

◎小島功『仙人部落(2) 付/コント・ア・ラ・モード』大和書房(65)
 本自体は持っていますが、カバー欠。マンガ以外にコントが大量に収録されています。『仙人部落 付・必修コント学』大和書房(65)を買ったのは6年前(→この記事)、映画『風流滑稽譚 仙人部落』(1961年)を観たのは1年前(→この記事)、TVアニメ『仙人部落』(1963年)を観たのは8年前(→この記事)。
 カバー欠本は小島功ファンの友人に送りつけます(笑)。自分のことかな? と思ったアナタ、たぶん正解です。お待ちくださいませ。
◎桑田次郎『忍術くらま峠』アップルBOXクリエート(04)
 林不忘・原作『丹下左膳』を併録。表題作は1955年、『丹下左膳』は1956年に発表された作品です。私のよく知る桑田次郎とは全然違う絵柄で、言われなければ桑田次郎とはわかりません。
仙人部落2.jpg 仙人部落.jpg 忍術くらま峠.jpg

【追記】
 カバーをコピーして、カバー欠本につけました。右がコピーです。悪くないのでは?
仙人部落(カバーコピー).JPG
コメント(2) 

「飛ぶ教室」ほか

◎「飛ぶ教室 児童文学の冒険」第57号(2019年春)
 特集・1ダースの超短編。こんな雑誌が出ていたとは知りませんでした。見かけたら、買います。
◎もぷ子『すごく短い話たち』私家版(13)
 短~いマンガ集。こんなタイトルをつけられたら、買うしかありません。
飛ぶ教室57.jpg すごく短い話たち.jpg
コメント(0) 

映画『ブレーキ・ダウン』


 映画『ブレーキ・ダウン』(1997年)を観ました。
 理不尽としか言えない理由で妻が誘拐され、夫は妻を救うため獅子奮迅の活躍をします。絶体絶命からの大逆転!
 いやあ、面白かった。
 この元ネタと言われている『恐怖のレストラン』(1973年)も近いうちに観ようと思います。こちら、原作・脚本はリチャード・マシスンとのことで、期待大です。
コメント(0) 

映画『プラン75』

 映画『プラン75』(2022年)を観ました。
 少子高齢化が進んだ日本。75歳になると生死を選択する権利が与えられ、死(安楽死)を選ぶとさまざまな特典がある。そんなディストピア社会を描いた作品です。
 死へ向かって静かに時間が流れていきます。本当に静かに、淡々と。最後に、ちょっとしたどんでん返しがありますが、おまけみたいなものですね。
 私も、あと8年ちょっとで75歳です。いろいろ考えてしまいました。
コメント(0) 

『犯罪日誌』

 日下三蔵編/梶山季之『犯罪日誌』を編者よりお送りいただきました。ありがとうございます。
 梶山季之ってあんまり読んだことがないのですが、帯に――
>稀代の流行作家が描く“復讐”の物語
 表4に――
>愛とエロスと欲望の中で繰り広げられる“復讐”の物語。
 とあり、なんとも言えず魅力的。復讐もの、好きなんですよね。
 読んでみようと思います。
犯罪日誌.jpg
コメント(0) 

映画『SHINOBI』

 映画『SHINOBI』(2005年)を観ました。原作は山田風太郎『甲賀忍法帖』です。
 同じ作品を原作とするTVアニメ『バジリスク~甲賀忍法帖~を観終わり、この映画が気になりました。ブログ内検索しますと、2010年2月8日に観ています(→この記事参照)が、14年も経ってしまうと内容なんざすっかり忘れていますから、初めて観るのと変わりません。
 甲賀対伊賀。TVアニメ『バジリスク~甲賀忍法帖~』は原作と同じ10対10の対決なのに対して、この映画は5対5。忍術合戦は大好きなので面白いことは面白いのですが、アニメを観た直後ですと物足りないことも確かです。まあ、全24話のアニメと101分の映画を比較してはいけませんね。はい、楽しく観られました。
SHINOBI.jpg 甲賀忍法帖.jpg
SHINOBI(あらすじ).jpg
コメント(0) 

「SFハガジン」復刊2号

 先週土曜日の早朝、仕事が一段落しました。けっこうな長丁場でしたので、解放感がすさまじいです。
 で、ふと思い出したのが、今月27日・28日、代官山蔦屋書店にて開催される〈SFカーニバル〉です。今年もスペシャルカードの配布企画(→この記事参照)があるそうで、私も参加しようかな、と。
 書きかけフォルダから使えそうなものを選び、ささっと完成させ、名刺カードに印刷しました。
 あー。そういえば昨年は、スペシャルカード作品を掲載した「SFハガジン」復刊号を発行したんだったなあ。今年も作るか。
 スペシャルカードを作った勢いのまま、「SFハガジン」復刊2号を作製、ポスト投函。昨日あたりから、お送りした方々の手許に届いているようです。
 評判は悪くないようで嬉しいのですが、ここでお詫びを。
 昨日、スペシャルカード掲載作品を少し修正したくなりまして、カードを作り直してしまったのです。〈SFカーニバル〉で配布されるのは、この修正版となります。
「SFハガジン」読者の方々には未完成作品をお送りしたことになり、申しわけありません。お詫び申し上げます。
SFハガジン・復刊2号.jpg
 発行年を打ち間違えて版下作製。それに気がつかずに印刷しまいました。「SFハガジン」は通巻151号目となりますが、こんなミスは初めてです。とほほ……。
コメント(2) 

『不気味の穴』

 伊藤潤二『不気味の穴 恐怖が生まれ出るところ』朝日新聞出版(24)を読みました。伊藤潤二の読書遍歴や着想の源を読んでいると、どうして私が伊藤作品に惹かれるのか、ものすごくわかります。面白くて面白くて、一気に読了。
 この本、アイデアストーリーの指南書にもなっています。伊藤潤二ファンはもちろんのこと、ショートショート(≓短いアイデアストーリー)を書こうと思っている方にも、強烈にお薦め。
不気味の穴.jpg
コメント(0) 

映画『ブラッドレイン』

 映画『ブラッドレイン』(2006年)を観ました。昨夜観た『ラスト・ブラッド』の主人公はオニと人間のハーフでしたが、本作の主人公はヴァンパイアと人間のハーフ(作中ではダムフィアと呼ばれます)です。
 良くも悪くもヴァンパイア・アクション・ホラー映画ですね。楽しく観ることができました。
 調べてみますと、『ブラッドレインⅡ』(2007年)、『ブラッドレイン 血塗られた第三帝国』(2010年)と、2本の続編が作られているようです。さらに調べてみますと、どうやら私、『ブラッドレインⅡ』は観たことがあるようなんですが、全く覚えてなくて……(苦笑)。
ブラッドレイン.jpg ブラッドレイン(あらすじ).jpg
コメント(0) 
前の30件 | -
2024年03月|2024年04月 |- ブログトップ