So-net無料ブログ作成

【コメントを投稿していただける皆さまへ】

 画像認証の文字がわかりにくくて、申しわけありません。小文字半角の「s」が5つです。お手数かけますが、よろしくお願いします。

 なお、投稿の際には本名にてお願いします。また、初めての方は簡単で構いませんので自己紹介をお願いします。知らない人に話しかける場合、まずは名を名乗り挨拶をするのは社会における常識でありマナーであると考えています。
 管理人の意を汲んでいただけないコメントはスルーさせていただきます。悪しからずご了承ください。
 もちろん、私の友人の方々はご自由に。挨拶なんて不要ですし、私が把握していれば、どんな名前でも構いません。
前の20件 | -

「Hard SF Laboratory」175号、176号

 石原藤夫さんより「Hard SF Laboratory」175号、176号をお送りいただきました。いつもありがとうございます。
 175号は通常号です。私の連載(第4回)は、送ったのですけれど校了に間に合わず、お休みとなりました。次の通常号には掲載していただけると思います。
 176号は、李百川『緑野仙踪』全編を一気に再録。なんと290ページです。
 石原さんのパワフルな活動には驚くしかありません。
HSFL-175.jpg HSFL-176.jpg
コメント(0) 

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

 収録されているゲームのほとんどはプレイしています。いやもう、懐かしいのなんの。
 このなかで特にハマったのは『グラディウス』『ソロモンの鍵』『つっぱり大相撲』『ファイナルファンタジーⅢ』『ドクターマリオ』『忍者龍剣伝』『スーパー魂斗羅』といったあたりです。
 思えば、このころのゲームが一番楽しかったな。
表.jpg
裏.jpg
コメント(0) 

『本と幸せ』

 北村薫『本と幸せ』新潮社(19)を買いました。作家生活30周年の記念本。著者が高校生のころに書いたというショートショートが7編収録されています。
>時は流れ、
>――若書きをお見せしても、笑って許していただけるかなあ。
>と思える年になったわけです。
 なんだか、すっごくわかる。
 著者が高校時代に書いたショートショートは大学ノート1冊分あるそうで(→この記事のコメント欄参照)、いつかはすべてを……。期待して、待っています。
本と幸せ.jpg
コメント(0) 

『飛仙天豹図』ほか

 名古屋古書会館の即売会に行きました。
◎日高正巳訳『飛仙天豹図』春陽堂・サン・ポケット・ブックス(71)
 ぜんぜん知らない作品ですが、カバー袖の紹介文を読んで、購入を即決。
飛仙天豹図.jpg 袖.jpg
 その後、古本屋を数軒。
◎半村良『軍靴の響き』実業之日本社(72)
 この本、帯付きを見かけると本能的に(笑)買ってしまいます。これで3冊目(→この記事参照。この後、また見かけて買っています)。
軍靴の響き.jpg
コメント(0) 

『変身忍者嵐』

 ちょっぴりのご無沙汰です。
 先日、石ノ森章太郎『変身忍者嵐(全2巻)』秋田文庫(07)なんてのを見かけて、これ読んだことないなあと購入しました。先ほど読み始めたところ、あれよあれよと一気読み。
 いやあ、忍者マンガ、好きでありますね。
 TVドラマも気になるけれど、手を出すととんでもないことになるので、我慢します。
変身忍者嵐.jpg
コメント(0) 

『三国志』『三国志 完結編』

 原作・柴田錬三郎/漫画・大島やすいち、かわのいちろう『英雄三国志(全4巻)』SHUEISHA JUMP REMIX(07)を読み終わりました。楽しく読んでいたのですが、中途半端なところで終わってしまい、欲求不満爆発。
 現在、『三国志』のマンガは3種を並行して収集中です。
◎横山光輝『三国志(全25巻)』KIBO COMICS カジュアルワイド(残りは9冊)
◎原作・寺島優、作画・李志清『三国志(全14巻)』+『三国志 完結編(全3巻)』MF文庫(残りは完結編の第3巻のみ)
◎原作・李學仁、作画・王欣太『蒼天航路(全18巻)』講談社漫画文庫(残りは5冊)
 考えて、寺島優・李志清『三国志』を読むことにしました。これはちゃんと最後まで描いてくれているでしょうし、幸いなことに持っていないのは最終巻です。そこに辿り着くまでには入手しているでしょう、きっと。
三国志(MF文庫).JPG
コメント(2) 

『ホシヅルの惑星』出版祝賀会

 昨日は山本孝一さんの『ホシヅルの惑星』出版祝賀会でした。
 半村良ファンクラブ〈続 半村良のお客になる会〉の面々とビアホールで乾杯。いずれも40年以上の付き合いの方々で、ほんと、超気楽。顔を合わせるのは久しぶりなのですが、そんなことは関係なく、いろいろな話に花を咲かせました。
 皆さん、ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

 昨日は、お昼には大先輩に別れを告げ、夜には古い仲間と旧交を温め……。感情の起伏の激しい1日になりました。
コメント(2) 

眉村卓さん告別式

 本日――というか、もう昨日ですが、眉村卓さんの告別式でした。
 12時半開始。どうしても外せない用事があり、参列することはできないけれど、式が始まる前に式場に行くことはできる!
 ということで、行って参りました。
告別式.JPG
 式場着は11時半すぎ。受付で、「12時には出なければならないのですが」と言ったら、お線香を上げさせてくれました。しっかりと眉村さんにお礼を言うことができ、感謝感激!
 何度でも言います。
 眉村さん、ありがとうございました!
コメント(1) 

絶筆?

 神戸在住の友人が眉村卓さんの「神戸新聞」連載エッセイを送ってくれました。ありがとうございます。
 第1回「変貌」2019年9月2日夕刊掲載
 第2回「老人のさらに年寄り」2019年9月18日夕刊掲載
 第3回「帰って来いよ、わが文字」2019年10月4日夕刊掲載
 第4回「馬鹿話」2019年10月23日夕刊掲載
 最後に、本日の紙面から「随想」休載のお知らせも送っていただきました。本来は今日、第5回が掲載されることになっていたのですね。しかし眉村さんが亡くなられ……。
 そのお知らせによりますと、本日分も含め、残り4回の掲載が予定されていたとのこと。眉村さんも無念でありましょう。
 第4回の「馬鹿話」が眉村さんの絶筆となるのでしょうか。エッセイではありますけれど、ショートショートのオチっぽい雰囲気もあり、いかにも眉村さんという感じです。
 最後の最後まで、ありがとうございました。
コメント(0) 

『岡田正也コレクション』試作品

 先月下旬、製本直送でのオンデマンド販売を終了しました(→この記事参照)。やむを得ない処置とはいえ、淋しい思いは否めません。
 この機会に、以前から考えていた企画を実行することにしました。――『ジンテン1★図録』『SF雑誌99の謎』『ベムAGAIN+』に収録されている岡田正也作品を1冊にまとめちゃえ! です。
 テキスト原稿も図版も揃っているわけで、編集作業には大して手間はかなりません。ちゃかちゃかと作業し、製本直送に1冊――試作品を発注。それが今日届きました。
 問題なければよかったのですが、残念ながら大きなミスを発見。版下、修正をしなければなりません。う~~~む。
 完成したら、盛林堂書房さまにて販売していただくことになっています。
 B6判、172ページ、本文モノクロ印刷、頒価1000円。
 楽しみにお待ちくださいませ。
 あ。『ジンテン1★図録』『SF雑誌99の謎』『ベムAGAIN+』をお持ちの方には新たに読むところはありません。ご注意を。
岡田正也コレクション.jpg
コメント(0) 

「Hard SF Laboratory」174号

 石原藤夫さんより「Hard SF Laboratory」174号をお送りいただきました。いつもありがとうございます。今回は特別号で、志摩達夫『水生人間』、上田光雄『アインシュタインの脳髄』の復刻です。以前、公報に連載されたものですが、新しい会員はご存じないだろうということで、まとめられたそうです。
 なお、奥付によりますと、本号は2019年度の15冊目!!!!
HSFL174.jpg
コメント(0) 

TVドラマ『座頭市物語』

 TVドラマ『ベルサイユのトラック姐ちゃん』(←楽しかった!)を観終わり、続いて『座頭市物語 傑作選 DVD BOOK』宝島社(15)に手を伸ばしました。TVドラマ『座頭市物語』の傑作選で、全4話収録。
 この記事にも書きましたように、映画『座頭市鉄火旅』は私が劇場で観た、初めての大人向け映画です。『座頭市』シリーズのTVドラマ版である『座頭市物語』は、以前にも観たことがありますが、もちろん全話ではありません。
 このDVDには「勝新太郎自らが監督した伝説の4話を丸ごと収録!!」とのこと。その謳い文句に偽りはありませんね。ほんと、面白かったです。
 当然の結果として、もっと『座頭市物語』を観たい! となります。調べてみましたところ、BSフジにて再放送中ではありませんか。第4話(昨日放送)から録画することにしました。週1回の放送。これは溜め込まず、毎週観ようかなと思っています。
座頭市物語.jpg
コメント(0) 

〈傑作SF映画選〉

トボー・ザ・グレート.jpg 所用で外出。
 通り道のブックオフを覗いたら――あ、〈傑作SF映画選〉だ!
 このシリーズ(DVD)は、特に観たい映画は発売時に購入、即鑑賞しています。『トリフィドの日』とかですね。それ以外は、レンタルできるものはレンタルして鑑賞。また、中古を見かけて面白そうだと思ったら買います。
 売っていたのは『トボー・ザ・グレート』という映画です。知らない映画ですけれど、
>現代ロボットが主人公である世界初の映画といわれている。
>天才少年とロボットの絡み、制御不能のロボットの脅威さらに宇宙探検
>トボー(ロボットの逆綴り)
 おお、面白そう。購入を即断しました。
 帰宅して、〈傑作SF映画選〉って何を持っていたっけ、とチェック。
傑作SF映画選.JPG
 観たかどうか、忘れちゃってる映画もあります(苦笑)。
コメント(2) 

映画『続 隠密剣士』

 眉村ロスから逃避すべく、『続 隠密剣士』をぼーっと流していました。1964年の作品。映画版『隠密剣士』の第2作です。
 TVドラマ版『隠密剣士』の第5部「忍法風摩一族」をベースにしているとのことなんですが、幸いなことにドラマ版はだいぶ忘れていて(笑)、新鮮な気持ちで楽しむことができました。
 これにて、TVドラマ版(大瀬康一版、林真一郎版、荻島真一版)、映画版2作、制覇です。
『隠密剣士』、やっぱり面白い!
続隠密剣士.jpg
コメント(0) 

訃報:眉村卓さん

 眉村卓さんの訃報に接しました。享年85。
 いやもう、言葉がありません。 
 謹んで、ご冥福をお祈り申し上げます。
コメント(5) 

「SFハガジン」次回の締め切り

「SFハガジン」次回の締め切りは今月末です。
 ご寄稿、お待ちしています。
コメント(1) 

アニメ映画『手塚治虫のブッダ』


 アニメ映画『手塚治虫のブッダ―赤い砂漠よ!美しく―』『BUDDHA2 手塚治虫のブッダ―終わりなき旅―』を観ました。面白く観終わったのですが、これ、原作を読まないで観たら、わかりづらかいかも。
コメント(0) 

『恍惚エスパー』販売開始

 ちくさ正文館書店本店に行き、『恍惚エスパー』を納品してきました。今日中に店頭に並ぶのではないかと思います。
 帰宅すると、盛林堂書房から販売開始の連絡が届いていました。通販はこちらから。
 前の記事に書きましたように、本日より製本直送の印刷・製本費用および送料が値上げされました。もし増刷することになった場合、それを販売価格に反映させざるを得ないかもしれません。どうぞご了承くださいませ。
コメント(2) 

製本直送の料金

 既報(→この記事参照)の通り、本日より製本直送の印刷・製本費用や送料が改定されました。要するに値上げです。
 具体的に、どの程度の値上げになるのかわからなかったのですが、昨日までと今日の印刷・製本費用を比較してみましたところ、おおむね2割の値上げと判明しました。想像を上回る値上げ率に驚いています。
 今後どうするか、ちょっと考えないと。
コメント(0) 

『英雄三国志』

 手塚治虫『ブッダ』(→この記事参照)読了。いやあ、面白かったです。
 んで、次は何を読もうかと考え、原作・柴田錬三郎/漫画・大島やすいち、かわのいちろう『英雄三国志(全4巻)』SHUEISHA JUMP REMIX(07)を手に取りました。また『三国志』(笑)。
英雄三国志1.jpg 英雄三国志2.jpg 英雄三国志3.jpg
英雄三国志4.jpg
コメント(0) 
前の20件 | -