SSブログ

【コメントを投稿していただける皆さまへ】

◆投稿の際には本名にてお願いします。また、初めての方は簡単で構いませんので自己紹介をお願いします。知らない人に話しかける場合、まずは名を名乗り挨拶をするのは社会における常識でありマナーであると考えています。もちろん、私の友人の方々はご自由に。挨拶なんて不要ですし、私が把握していれば、どんな名前でも構いません。
◆投稿は日本語でお願いします。日本語以外のコメントは、場合によっては、即座に削除いたします。
◆管理人の意を汲んでいただけないコメントはスルーさせていただきます。また、明らかに拙ブログと無関係と判断したコメントは削除することもあります。悪しからずご了承ください。
◆「http」など特定の文字列が含まれるコメントは投稿できない設定にしてあります。スパム対策です。お察しください。
◆画像認証の文字は小文字半角の「short」です。お手数かけますが、よろしくお願いします。
前の20件 | -

訃報:明智抄さん

 明智抄さんが8月2日に亡くなられたと知りました。享年60。
 驚きました! 悲しいです!
 もう20年くらい前になりますか、明智さんとは某所で同僚関係にありました。2年半ほどの間、月に数回ですが顔を合わせ、いつも楽しく話していました。お互いの著書にサインを入れて、プレゼントし合う、なんてこともありましたね。
 私がその職場を離れてからは疎遠になってしまい、残念です。
 60歳か~。若いよね~。若すぎるよね~。つらいよね~。
 はあああ。溜め息しか出ません。
 ご冥福をお祈り申し上げます。
コメント(0) 

映画『日本沈没』(1973)


 NHK BSプレミアムで『日本沈没』(1973)放映。封切り時に劇場で観ましたし、その後もテレビ、ビデオなどで何度も観ていますし、DVDも持っていますが、テレビ放映されるとなると、やはり観てしまいます(正確に言うと、流してしまいます)。
 何回観ても傑作ですねえ。はたと気づけば、半世紀近く前の映画! すっげー。

【追記】
 ブログ内検索。『日本沈没』を前回観たのは、2011年5月11日と判明しました。9年ぶり。
コメント(0) 

TVドラマ『バットマン』

 本ブログでも何度か書いています(こことかこことかこことか)ように、小学生のころ、TVドラマ『バットマン』が大好きでした。
 機会があれば観たいなあと思っていましたら、なんと、ブルーレイ・ボックスが出ているのですね!
 観たい! けれど、全120話! あまりの話数に手を出しかねていましたが、ためらい幾星霜、ついに観たさが上回り、買ってしまいました。
『スター・トレック ディープ・スペース・ナイン』(現在、シーズン7の第8話まで)を観終わったら、観ます!
バットマン(ドラマ).jpg
コメント(0) 

検温

 先ほど、TVドラマ『アウトブレイク―感染拡大―第6話を観終わりました。今回は検温のシーンが多く、私も検温してみようかな、と。家で検温するなんて、何年ぶりでしょう。
 コロナ発症早期発見のため毎日の検温を推奨されていることは承知していましたが、私は発熱にからきし弱く、37度でもかなりしんどく感じます。危険の目安とされる37.5度なんて、計らなくてもわかる(笑)。
 ということで――
体温計.JPG
 いまのところ、大丈夫みたいです。

コメント(0) 

『勤王捕物 丸を書く女』『死の快走船』

 小野純一さんより以下の2冊、および大阪圭吉ブロマイドをお送りいただきました。いつもありがとうございます。
◎大阪圭吉『勤王捕物 丸を書く女』盛林堂ミステリアス文庫(20)
◎大阪圭吉『死の快走船』創元推理文庫(20)
勤王捕物・丸を書く女.jpg 死の快走船.jpg
ブロマイド.png
 前者のご注文は書肆盛林堂へ。
 後者には15編収録。ショートショートと言える長さの作品もあり(嬉)。また、この本の解説は小野さんが書いています(拍手)。
コメント(0) 

「Hard SF Laboratory」194号

 石原藤夫さんより「Hard SF Laboratory」194号をお送りいただきました。いつもありがとうございます。
 また発行スピードが上がり、今年中に200号に達してしまいそうな勢いです。200号に何を書こうかな。まだ思いついておらず、いささか焦ってきました。
HSFL194.jpg
コメント(0) 

ドラマCD『月光仮面ビギンズ サタンの爪』

 ドラマCD『月光仮面ビギンズ サタンの爪』を聴きました。ドラマCD『月光仮面』(→この記事参照)の姉妹編です。
月光仮面ビギンズ・サタンの爪.jpg
 こんな話。
月光仮面・説明.jpg
 おお、タイムリー! と聴き始めたのですが、ん? ちょっと期待とは違っていたような……。
コメント(0) 

『幻想と怪奇3 平井呈一と西洋怪談の愉しみ』

『幻想と怪奇3 平井呈一と西洋怪談の愉しみ』新紀元社(20)を編集部よりお送りいただきました。ありがとうございます。
 平井呈一! 西洋怪談!
 なんだろ、新刊なのに懐かしいのは……。
 たまりませんね。
幻想と怪奇3.jpg
コメント(0) 

『SFショートストーリー傑作セレクション 怪獣篇』

 日下三蔵編『SFショートストーリー傑作セレクション 怪獣篇』汐文社(20)を編者よりお送りいただきました。子ども向けのSF短編傑作アンソロジーです。
 収録されているのは筒井康隆「群猫」、眉村卓「仕事ください」、星新一「弱点」、福島正実「マタンゴ」、小松左京「黴」の5編。いつもにも増して傑作揃いですね。
 夏休み。お子さんやお孫さんの読書に、ぜひぜひぜひ!
怪獣篇.jpg
コメント(0) 

『エリート』

 桑田次郎追悼。
 作・平井和正/画・桑田次郎『エリート(全3巻)』ソノラマ漫画文庫(77)を読みました。この記事にも書きましたように、大好きな作品です。
エリート.jpg
 この作品を読むのは何回目でしょうか。10回以上は読んでいるのではないかと思います。
 けっこう細かいところまで覚えていますけれど、それでも面白い。楽しめます。
 改めて――
 桑田さん、ありがとうございました。どうぞ安らかに。
コメント(0) 

『もし世界が80問のジョークだったら』

◎竹村健一・田澤拓也『もし世界が80問のジョークだったら アタマのこりをほぐす笑いの泉』太陽企画出版(02)
 以前、『もし世界が100人の村だったら』という本が話題になりました。その便乗本と思われます。
 オチの部分を伏せ、クイズ形式にしたジョーク集。おお、こういうの大好物です。設問部分がけっこう長くて、つまり小説風になっていて……オチ当てショートショートと言えないこともなく……。
 レジに持っていくのに迷いはありませんでした。
もし世界が80問のジョークだったら.jpg
コメント(0) 

訃報:桑田二郎さん

 桑田二郎さん(私にとっては「次郎」ですが)の訃報に接しました。享年85。
 これはショックですねえ。小学生のころから大好き! 還暦を過ぎたいまも!
 最近ではマンガショップのシリーズですね。ぜんぜん知らない作品も多く、思い切り楽しませてもらっています。
 時の流れとはいえ……。
 ありがとうございました。安らかにお休みください。


【追記】
 群を抜いて好きなのは『8マン』『エリート』『デスハンター』『超犬リープ』です。で、一番好きなのは……迷うけれど、『エリート』かなあ。明日になったら、別の作品になっているかもしれません。
 以下、サンワイドコミックス。
サンワイドコミックス.JPG
 以下、マンガショップ。
マンガショップ.JPG
コメント(2) 

『アイアムソルジャー』

 二階堂正宏『サイレントマンガ アイアムソルジャー』縄文式出版(77)を買いました。ヒトコマ~見開き2ページの作品集です。私家版。
 二階堂正宏の処女出版『兵隊さん物語』サンコミックス(78)と見比べてみました。ざっと見比べただけですが、重複作品もあります。『アイアムソルジャー』を元に、新たに編集し直したのが『兵隊さん物語』となるのでしょうか。2冊に収録されている全作品を突き合わせてみないと、はっきりしたことは言えません。
アイアムソルジャー.jpg 兵隊さん物語.jpg
コメント(0) 

積ん読マンガ

『蒼天航路』を読み終え、さて次は何を読もうかと積ん読マンガの山をチェックしました。
 以下を読むことに決定。
積ん読マンガ.JPG
 これらを読んでいる間に横山光輝『三国志』の残り1冊、入手できないかなあ。
 もしまだ入手できていないようだったら、以下を読みます。
三国志我王の乱.JPG
 マンガに限らず、読みたいもの観たいもの聴きたいものには事欠きません。やりたいこと、やらなければならないことも山積しているし。
コメント(1) 

『横山光輝「三国志」大百科』

『横山光輝「三国志」大研究』潮出版社(10)に続き、『横山光輝「三国志」大百科 永久保存版』潮出版社(03)を買いました。
三国志大研究.jpg 三国志大百科.jpg
『横山光輝 三国志事典』希望コミックス(83)、『横山光輝 三国志おもしろゼミナール』希望コミックス(84)も、だいぶ前に購入済み。横山光輝『三国志』の読み始めに向け、ぐんぐん邁進しております。
三国志事典.jpg 三国志おもしろゼミナール.jpg
コメント(0) 

TVドラマ『三国志 Three Kingdoms』特別編集版

 昨年6月24日の記事『三国志』に、以下のように書きました。
===
 先日、ふと思いました。――『三国志』はどうなんだろ。いまなら『三国志』を楽しめるのかも。
 いくつか試食してみたところ、これが実に面白い。ほんと、試食しているだけなんですが、それでも面白い。この人間ドラマの魅力が子どもの私にわからなかったのは納得できますけれど、それにしても……。子どものころに読んだときの印象のみで、そのまま手を触れずに過ごしてきたのは、無念としか言いようがありません。『三国志』に、申しわけない!
 ということで、遅ればせながら――って、遅れすぎだろうとは思いますが、ともあれ『三国志』にかぶりつきます。
===
 記事にある「いくつか試食」のうち、最大のものは中国TVドラマ『三国志 Three Kingdoms』です。全95話!
 ものすごく面白かったのですが、『三国志』初心者には長大すぎて……。考えて、もう少し気楽に楽しめるものにシフトしようと思いました。その後のあれこれは、ブログに書いております(全部じゃないけど)。
 あれから1年あまり。手当たり次第に『三国志』を楽しんできました。となると、『三国志 Three Kingdoms』が気になってきます。う~~ん。観たいけど、全95話か~。途中まで観てるしなあ。
 そんな折、『三国志 Three Kingdoms』の特別編集版(DVD8枚)の存在を知りました。おお、これなら!
 ということで、先日から昼間に『三国志 Three Kingdoms』特別編集版を流しています。現在は4枚目。赤壁の戦いで敗れた曹操が逃走している最中です。
 ダイジェスト版ではありますが、充分に楽しめます。面白い面白い!
コメント(1) 

『神々のビリヤード』試作品

 ネオ・ベム近刊『神々のビリヤード』の試作品が届きました。うん、なかなかいい感じです。
 チェックし、修正が終わったら製品版を発注します。完成間近!
神々のミリヤード(試作版).JPG
コメント(1) 

映画『バード・インフェルノ 死鳥菌』

 昨日に引き続き、鳥インフルエンザ映画を観ました。『バード・インフェルノ 死鳥菌』――2006年のアメリカ映画です。
 シリアスな感染ドラマでした。すさまじい勢いの感染拡大。物語は淡々と進み、派手さはありませんが、それゆえに引きこまれます。まさに、いまならでは、ですね。
 面白く観ていましたが、ウイルスの変異が確認されたところで終わってしまうのは……。
コメント(0) 

『瞬殺怪談 碌』

 ゴキTを着て外出。何人かの人にリサーチしたところ、何も言わないとただのデザインと認識し、気にならないようです。ただし苦手な人だと、「ぎゃっ」となるかも、とのこと。う~~~む、人よけ効果は薄そうです。残念、と言うべきか……。
◎平山夢明ほか『瞬殺怪談 碌』竹書房文庫(20)
 このシリーズも6冊目。全冊の表紙を掲載しておきましょう。
瞬殺怪談01.jpg 瞬殺怪談02刃.jpg 瞬殺怪談03斬.jpg
瞬殺怪談04刺.jpg 瞬殺怪談05業.jpg 瞬殺怪談06碌.jpg
コメント(0) 

映画『極限感染 バード・ハザード』

 一時期、ほとんど毎日のようにウイルス・パニック映画を観ていました。短い間に、何本観たんでしょう。さすがにお腹いっぱい状態になり、観るのをやめました(→この記事参照)が、コロナの感染拡大著しく、私の住む名古屋でも、1日の感染判明者数が100人を突破したとのこと。いやこれ、かなりやばい状況と思います。
 いま一度、感染拡大の恐ろしさを映像体験しようかと、『スター・トレック ディープ・スペース・ナイン』はちょっと休むことにし、久しぶりにウイルス・パニック映画を観ることにしました。『極限感染 バード・ハザード』――2003年のフランス映画です。
 超強力な鳥インフルエンザ。発生から、じわじわと感染が広がっていく様子は、なんとも言えない緊迫感があります。コロナ前なら、そんなふうには感じなかったでしょうね。
 う~~~ん。恐ろしい感染症だけど、潜伏期間は他人に感染しないのか。ここだよな~。やっぱ、新型コロナ、たちが悪い。
 こんなことを考えながら映画を観たくないですよ、ほんと。
コメント(0) 
前の20件 | -