SSブログ

宇宙開闢前

ツイッター.png
 こういうの、興味深いです。
 表だけ、ピックアップしましょう。画像をクリックすると拡大表示されます。
年表.jpg
 なるほどねえ。対象は10歳から45歳。私から見たら、みんな「若い人」なんですが、ひとくくりにしてはいけませんね。
 私(63歳)はどうかな。
「最近」は、ここ数年。2000年代は「ちょっと前」、それ以前は「だいぶ前」で、「昔」となると、1970年代以前かな(明治時代まで)。で、「古い」は江戸時代、「いにしえ」は石器時代とかそんな感じ(笑)。そういえば、若いころの「昔」は明治時代から戦前までだったな。年を重ねると感覚も変わる――というか、40年くらい前が私にとって「昔」なのでしょうね。
 え~。この表によりますと、40代の若い方々にとって、私は「いにしえ」にデビューした「古い」作家ということになります。もっと若い世代にとっては「宇宙開闢前」。忘れ去られていても仕方ないですね。

【追記】
 私がSFに目覚め、手当たり次第に読みまくっていた1970年代、あのころ「古典SF」といえば、おもに明治時代から終戦前(1945年以前)にかけて書かれた作品のことでした。つまり、30年前の作品でも「古典SF」という認識だったわけです。
 翻って――
 私は今年、デビュー41年目。私がSF短編やショートショートを最も書きまくっていたのは1980年代なのですが、これらの作品群はすべて「古典SF」であります。←ほんとか?(笑)
「シミリ現象」なんて、書いたのは1974年。46年前でっせ。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。