SSブログ

映画『ビッグ・クラブ・パニック』


 映画『ビッグ・クラブ・パニック』を観ました。2015年製作。
〈眠るように静かな街の湖に、突如、隕石が落下! 幸い被害は最小で済み、町民は胸をなで下ろしていた。だが、この異変で化石化していた巨大生物が蘇生。眠りから目覚めた古代蟹が街を襲い始める。銃弾を跳ね返す甲羅! 巨大で鋭利なハサミに挟まれ、次々に犠牲になる人々。なすすべの無い彼らを救う為、軍は戦闘機による攻撃を開始。ミサイルを乱射する! だが、頑丈な装甲に全く歯が立たない。打つ手を失った人類。やがてモンスターは、勝ち誇るように、産卵を開始した…。〉
 とまあ、販売サイトでは上記のようなストーリー紹介がされていますが、思い切りデタラメです。ついでに書いちゃうと、予告編もムチャクチャ(笑)。
 こんな怪獣映画みたいな物語ではなく、幼くして両親を失った少女とカニとの心温まる交流を描いた映画なのです。――と言うと言いすぎかもしれないけど、上のストーリー紹介よりは正しいと思います。
 期待のハードルを下げていたせいもあるでしょうが、楽しく観られました。こういう映画、私はけっこう好きですね。何はともあれ、カニの表情がかわいい。動きもかわいいなあと思ったら、なんとコマ撮りなのですな、これが。このご時世にCGではなくコマ撮りとは、嬉しいではないですか。そして、まさかの結末! 拍手、でありますよ。

 巨大ガニの出てくる映画というと、すぐに思い出すのは『SF巨大生物の島』(1961年)とか『グルメホラー 血まみれ海岸人喰いクラブ 地獄のシオマネキ カニ味噌のしたたり』(1980年)とか。
 前者は何度か観ていますが、後者は一度だけです。レンタル屋で見かけて迷わずレンタル。こんなタイトルを見たら、借りずにいられません。結果、想像を上回るひどさに脱力したのを覚えています。
 ネット検索しましたら、『巨大カニ怪獣の襲撃』(1957年)という映画がヒットしました。そそられております。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。