SSブログ

小口に着色

 うおおおお、大熊宏俊さんが『海洋未来物語』の小口を着色している~~~。(→大熊さんの掲示板
 なかなかいい色が出ているではありませんか。この本はうちにも送っていただきました(→これ)が、もちろん小口は白です。
 いいなあ。うちのも(この本だけではなく、あれやこれやも)着色したいなあと思い、何で塗ったのか尋ねてみましたら、三菱ユニプロッキーの橙とのこと。今日、近所の100均に行く用事があったので文具売り場にも足を向けました。目的のペンは見当たりませんでしたが、紙用マッキーの橙を発見。似たようなものであろうと買ってきました。
 とりあえず試験的に塗ってみよう。――思案した末、『SF雑誌99の謎』のメモ帳(→この記事参照)を使うことにしました。
 う~~~ん、いささか色合いが違いますねえ。いやまあ、撮影の条件によって多少の違いはあるでしょうが。で、本家と比べると、かなり違う……。
 この件、ペンディングです。
小口着色.JPG
 右は、先日作った『涙香、「新青年」、乱歩』です。ブログには書きませんでしたが、実は小口を黄色く塗ってあったのです。こっちは本家と近い仕上がりとなっています。
 あ、ついでに書いておきましょう。もともと『涙香、「新青年」、乱歩』は私の読書用に1冊だけ作るつもりでしたが、いろいろありまして、結局、3冊作りました。私の手元に残っているのは1冊だけです。

 以下、蛇足。
 100均店内を歩いていましたら、昔の名画やディズニーアニメのDVDが目につきました。もちろん108円!
 とりあえず1枚、『ピーターパン』を買ってみました。
コメント(2) 

コメント 2

大熊宏俊

ユニプロッキーでも実際はそんな色です。もうちょっと薄いといいんですけどねえ。

by 大熊宏俊 (2014-12-30 16:28) 

高井 信

 コメントをありがとうございます。
>ユニプロッキーでも実際はそんな色です。
 そうなんですか。う~~~~む。
>もうちょっと薄いといいんですけどねえ。
 ほんと、そう思います。明るい茶色があれば試してみたいのですが、売ってないんですよね。
by 高井 信 (2014-12-30 19:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。